So-net無料ブログ作成
検索選択

栗づくしで一杯いかが [オスカーとピーターソン]

―ロマン・カフェにて―

オスカー  「いらっしゃいませ、お客様」

ピーターソン「あれ、オスカーじゃないか。ここで何やってるの?」

オスカー  「オスカーなんて人は知りません。私、栗ストファーと申します」

ピーターソン「それにしてもそっくりです」

オスカー  「ビッ栗?」

ピーターソン「本当にオスカーじゃないんですか?」

オスカー  「がっ栗されたと?」

ピーターソン「いえ、似ているので驚いただけです」

オスカー  「店内は手づ栗でございます」

ピーターソン「シャレてますね」

オスカー  「本日のサービスでございます」

ピーターソン「凄いものが出てきました。これ何ですか」

オスカー  「おつ栗です」

ピーターソン「日本酒はないんですか」

オスカー  「とっ栗で?」

ピーターソン「やはりそうくるんですね」

オスカー  「わ!」

ピーターソン「どうしたんですか?」

オスカー  「包丁で爪を剥いでしまいました」

ピーターソン「危ないなぁ、気をつけてください」

オスカー  「爪がは栗しました」

ピーターソン「あなた、わざとじゃないですよね」

オスカー  「私の自慢話をお聞かせしましょう」

ピーターソン「店員の自慢話なんて聞きたくありません」

オスカー  「小学校の時、スカートめ栗をした友達を先生にち栗ました」

ピーターソン「あなたやっぱりオスカーなんじゃないですか?」

オスカー  「指がチ栗とします」

ピーターソン「胸もチ栗としませんか」

オスカー  「あ、お客様、チ栗と皮肉を言いましたね」

ピーターソン「本当はオスカーなんだね」

オスカー  「お客様もうた栗深い

ピーターソン「栗スチャンは信心深いけどね」

オスカー  「お客様もなかなかやりますね」

ピーターソン「ええ、お酒のせいでしょうか。あなたのペースに乗せられてしまいました」

オスカー  「ところでお客様、景気はいかがですか?」

ピーターソン「あまり振るいませんねぇ」

オスカー  「なかなか資金栗が厳しいと」

ピーターソン「ふ栗式で預金が増えると嬉しいのですが」

オスカー  「来月の栗越し金も期待できないですね」

ピーターソン「ええ。せめてふ栗厚生に期待したいところです」

オスカー  「占いでもしましょうか」

ピーターソン「お願いします」

オスカー  「それではこちらの10円玉の上に指を置いてください」

ピーターソン「懐かしいですねぇ。小学校の頃流行りましたよ」

オスカー  「これをやると決まって眠くなります」

ピーターソン「こっ栗ですね。・・・オスカー、本当に寝ないでよ」

オスカー  「栗ストファーと呼ばないと私は起きません」

ピーターソン「クリストファーさん、起きてください」

オスカー  「むっ栗

ピーターソン「それを言いたかったのか。それにしても僕達のほかに誰もいないね」

オスカー  「個室ですので、か栗されています。大声でジングルベルと歌っても大丈夫です」

ピーターソン「メリー栗スマスにはまだ早いよ」

オスカー  「てやんでぇ、俺にも飲ませろ」

ピーターソン「突然どうしたんだい」

オスカー  「・・・・ヒック! やっと出たか」

ピーターソン「しゃっ栗出すためだったのか。ちょっと呆れたよ」

オスカー  「勝手にしち栗というカンジ?」

ピーターソン「つきあっていられないよ。えっと、なにか甘いものでももらおうかな。何があるの?」

オスカー  「シュー栗ーム

ピーターソン「それしかないんだろ」

オスカー  「フレッシュな栗ームを冷凍した3年モノでございます」

ピーターソン「冗談じゃない。客を馬鹿にしているんですか!」

オスカー  「コン栗ートで固めてしまいたいと」

ピーターソン「そこまで言っていません」

オスカー  「私の評判を落としてしまいました。おわびに首をく栗ます」

ピーターソン「冗談になってないよ」

オスカー  「では明日の朝、町内の掃除を致します」

ピーターソン「それにしましょう」

オスカー  「名づけて、『栗ーンアップ作戦』

ピーターソン「是非続けてね」

オスカー  「お客様、申し訳ありませんが、そろそろ締めく栗ますので」

ピーターソン「もっとゆっ栗させてください」

オスカー  「お会計は50万円ナリ」

ピーターソン「ぼった栗じゃないか」


以上、宇宙アクメ社がおお栗致しました。


nice!(22)  コメント(23) 
共通テーマ:blog

げっ歯目は歯が命 [社員のつぶやき]

無事戻ってきました。
全身麻酔の手術でした。
心配してくださった皆様、ありがとうございます。

・・・素晴らしい出だしです。
初めての方には、私が大病を患ったと思うでしょう。

えっと、うちで飼っているモルモットのことです。
臼歯(奥歯)の手術です。
「はーい、口を大きく開けて」「あーん」としてくれるといいですね。
無理ですが。

全身麻酔をかけて歯を削ります。
不正咬合を放っておいてはいけません。
歯は変な方向に伸び続け、舌や頬を突き刺すのです。
歯根が伸びると目の神経までいくのです。
ぎゃー!

んで、うちのコですが、
口を開けてみたら、歯は思ったほど伸びていませんでした。
前回処置をしたのが2年前。
モルモットの不正咬合は毎月のように歯の手術となることが多いのですが、幸い今まで調子がよく医者いらずですんでいました。
2年前も、それほど伸びているわけじゃなかったんです。
歯がちょっと頬の内側に当たっていた程度。
 獣医「(これくらいで)これほどヨダレを垂らすコは珍しい」
神経質なんでしょうか、このコ。

流石に疲れたみたいで、ぐたっとしてます。
ぐたっとしながら食べてます、自分で。
手術後は食欲がなくなることが多いのですが、手術前より食べてます。
寝ながら。

 モル「麻酔がまだ効いていて身体が動かないの。口しか」

うそつけ。

とりあえず、まだ本調子ではないので、しばらく様子見ます。
気になるのは、手術前になんとか食べてくれるようにと河原まで取りに行った新鮮な草や、普段滅多にあげたりしない1個400円のリンゴの味を、麻酔と共に忘れてくれてたらいいなと。

 

トイレ場所は覚えないのに、
贅沢はすぐに覚えるのです。


nice!(24)  コメント(24) 
共通テーマ:ペット

「アタゴオルは猫の森」映画化万歳! 流星コーヒーで乾杯♪ [社員のつぶやき]

この顔にピンときたら、

粉雪亭へ!
注文は流星コーヒー? それとも銀河コーヒー?
モチロン、猫正宗も紅マグロもありますよ♪

すみません。
最初に謝っておきます。
今回は単なるお気に入り商会 紹介です。

私の大好きな、ずうずうしくもいやしいドロボウ猫です。

 この格好が似合うんだな~

漫画アタゴオル」シリーズ(ますむらひろし)に出てくる主人公、
 黄色くデブった猫、

   ヒデヨシのぬいぐるみです。

身勝手が形になっています。

絵本雑誌「MOE」が白泉社になる前に通信販売していたものです。
主人公ヒデヨシの他に、ヒデ丸パンツ(←そういう名前)のぬいぐるみも販売していました。

3体とも見たい?


アタゴオル好きなら見たいでしょう?


では



じゃん!!

 パンツ・ヒデヨシ・ヒデ丸


ご存知の方もいると思いますが、

「アタゴオルは猫の森」が映画化、10月14日ロードショー決定!

公式HP→http://www.atagoal.com/index.html

ぬふふふふ♪

 

そういえば、だいぶ前にこれに関連した「宇宙アクメ社」の新商品出した覚えが・・・。 
 コレね→http://blog.so-net.ne.jp/mikagenomori/2006-04-18-1
運動会にぴったんこな商品だわ。


 

  「オレたちはな、トコトン生きるために生まれてきたのよーっ!」(byヒデヨシ)

その通りです。


☆今回の記事は、アタゴオルが大好きで長年ファンで、ぬいぐるみも持っていてそれを10数年ずっと大事にしているだよ、それっくらいだ~い好きなアタゴオルが映画化されて嬉しいなという、単なるウキウキ記事に過ぎません。

昼のドラマ「がきんちょ~リターンキッズ~」に出てくるぬいぐるみは、多分これと同じものです


――――――――――――――――――――――――――――――

☆前のコメント欄にも書きましたが、しばらくゆっくりペースでいきます。
 人間でも動物でも、食欲があるかどうかが健康のバロメーターですね。
 


nice!(21)  コメント(20) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

フレーフレー運動会のお弁当 [ちびみかげのヒミツ部屋]

ついこないだまで夏だと思ったのに、今はすっかり秋

「フレーフレー赤組、フレーフレー白組」
の掛け声と共に、運動会シーズンがやってきました。

皆様は何組でしたか? 赤組? 白組? それとも緑や黄組?

 ちびみかげ「運動会だよ~、応援してね」
 私「今年は何組?」

 ちびみかげピンク(in 小学校)」




お弁当作りました。

題して

   「がんばれピンク! ぶっひ~ん弁当」


 

だってピンクっていえば、ブタでしょ。


 

お弁当を開けた時のちびみかげの反応

 ちびみかげ「ふうん・・・(やっぱり)」

前日から案を練ってデザイン画まで残して頑張ったんだから、何か言ってよ~っ!

 私「ぷん!」
 ちびみかげ「(はいはい)、頑張ったね~」

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・

ここで、クイズです。

 ブタおにぎりの中身何でしょう?






答え:ピンクの鮭♪

   簡単すぎた?


nice!(24)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

夏休み提出作品です(9/18追記あり) [ちびみかげのヒミツ部屋]

あなたは癒されたいですか?



 

癒されましたね。

間違っても笑ったりなんかしてませんよね?

 *ちびみかげ、今年の夏休みの宿題作品です。
   (絵手紙コンクール パソコン絵手紙部門)


―――――――――――――――――――――――――――――――――

追記外しました


nice!(24)  コメント(27) 
共通テーマ:学校

家族の健康が気になるあなたへ [新商品]

主婦の強い味方
体調にあわせ、その日の献立を決めてくれます。

   「みのロボット

晩酌相手にもどうぞ。

 *「お嬢さん」と呼んでくれます


nice!(26)  コメント(28) 
共通テーマ:ショッピング

オスカーとピーターソン Take the 'ROBOMAMA' その2 [オスカーとピーターソン]

前回の続きです)

ロボママ試運転中

 「今日のおやつはポテトチップにしよう」
 「没収ね」
 「わ、ママ何するの」
 「ポテトチップはあなたの健康を害する恐れがあります」
 「アイスでもいいや」
 「いけません。冷たいものはおなかを壊す危険性があります」
 「じゃあ、おやつはなに?」
 「ワカメか昆布、もしくはナッピー
 「こっそりチョコ食べちゃおう」
 「チョコレートの成分であるココアバターに含まれる脂肪酸は主にステアリン酸オレイン酸、そしてパルミチン酸の3種類です。このうち最も多いのがステアリン酸です。ステアリン酸とパルミチン酸は酸化しにくい飽和脂肪酸、オレイン酸はモノ不飽和脂肪酸に分類されます。いずれにしてもチョコレートは高脂肪・高カロリー食品です。どうしてもというのなら、砂糖抜きの99%カカオをヒトナメしてください」
 「説明が長すぎる上に、よく分かんないよ。もういいや、遊んでこよう」
 「この時間帯は排気ガスの量が2割り増しなのよ。また変質者の出現率が1・5割増し」
 「じゃあ家の中でゲームすることにするよ」
 「どんなゲームなの?」
 「モンスター倒しながら冒険するゲームだよ」
 「弱いものイジメしながら世界征服するのね」
 「こいつら敵なんだってば」
 「姿形が違うものをやっつけ、身包み剥ぎ取る行為は、人道的に問題があります」
 「そういうゲームなんだよ」
 「警告! 主人公は不法侵入の常習犯であり、めぼしい物があると盗み、勝手に売買して、密入国を繰り返しています!
 「その赤ランプ、早く消してよ」
 「そういうゲーム、なんて言うか知ってる?」
 「RPGって言うんだよね」
 「RPG『冷蔵庫 パッと開けたら ゴキブリが!』の略
 「間違ってるよね」
 「『ルチ将軍 プリンプリンと 軍事国』だったかしら?」
 「意味わかんないし」
 「『リサイクル パパはとっくに ガラクタだ』
 「『RPG パパッと作る 五七五』と返してみたよ」
 「『理解不能 パンダの言葉は ギミ・ア・ササ』
 「ずばり宿題しようっと」
 「漢字の練習ね。頑張って」
 「鉛筆の持ち方から注意されそうだから、気をつけて書くよ」
 「まるでなってないじゃない」
 「なんだよ、書き方教室で習ったとおりの持ち方なのに」
 「タテとヨコは垂直に、90度になるよう正確に書いてね」
 「そっちなのか」
 「分度器を使って書く?」
 「いちいちそんな面倒なことできないよ」
 「注意! 1行目と3行目で筆圧が違っています
 「また赤ランプ」
 「気分転換に、ママの渾身のギャグで癒されなさい」
 「イヤな予感するけど、聞いてあげるよ」
 「あるところにケンタッキーがいました」
 「ケンタッキーっていうオチだね」
 「もう分かったの? すごいわ。ちなみにケンは研ナオ子、タッキーは滝川クリステル」
 「微妙すぎるなあ」
 「黒井健と滝廉太郎のコラボでもいいわ」
 「絵本作家と作曲家だね。なんでぼくがこんなこと知っているのかは聞かないでね」
 「ところで、お父さんとお母さん、どちらが好き?」
 「両方とも好きだよ」
 「あなたの性格は、欲張りで優柔不断・・・と」
 「ママ、おかしいよ」
 「ママに向かっておかしいとはなんですか」
 「頭から煙出てるよ」
 「両耳の穴からお香の煙が出るのよ。キャッチコピーは『ママはいつでもいい匂い』
 「なんか焦げ臭いけど・・・。電気系統がショートしてるみたいだ」
 「誇称ロボットだけに故障なんてね、ウフフ♪」
 「笑っている場合じゃないよ」
 「そろそろお別れね、ママの自省の苦、じゃなかった、辞世の句は『笑いは世界を凌駕し征服する』よ」
 「さびしいこと言わないでよ」
 「コロッケにはあえてジャムをかけるような大人になるのよ」
 「う、うん・・・、頑張るよ」
 「私利私欲より、尻清くをモットーに」
 「トイレではちゃんと拭けってことだね」
 「いつだってあなたを見守っているわ・・・、あなたに埋め込まれた内臓チップで・・・、いつでも、どこでも・・・」
 「ママ、死なないで! ママー!」
 「・・・・・・・・」
 「ママ・・・・・・・」

   へんじがない
   ただのしかばねのようだ


オスカー「壊れたな。やっぱりママレモン式電池では問題があったか」
ピーターソン「もう少しマシなものを開発して、今度新商品として出そうよ」


 ☆宇宙アクメ社新商品に向けて最終調整中

  新商品でました こちら


nice!(21)  コメント(21) 
共通テーマ:blog

オスカーとピーターソン Take the 'ROBOMAMA' その1 [オスカーとピーターソン]

―宇宙アクメ社商品開発室―

オスカー自由に使える読書感想文(著作権フリー)なるものがあるの知ってるか?」 →コレ
ピーターソン「坊ちゃん」「羅生門」「走れメロス」「伝記マザーテレサなど、一行も読まずに感想文が書けちゃうんだよね」
オスカー「そのまま書き写せば、出来上がりだ。パクリ・コピーアレンジもOK」
ピーターソン「条件はコンテストやコンクールに応募しないことだって」
オスカー「評価担当の先生がパソコンを使いこなしている場合は充分な注意が必要だと警告してあるぞ」
ピーターソン「先生にバレて叱られても自己責任だってことだね」

ピーターソン「そうれはそうと、キミの隣にあるそれ、何」
オスカー「今年の課題図書・小学校中学年の部におもしろそうな本があってな」

   「ロボママ」
    エミリー・スミス作 もりうち すみこ訳 村山 鉢子 絵 文研出版 定価 1,260円

オスカー「題名だけで内容が想像できてしまいそうだろ?」
ピーターソン「じゃあもしかして、それ・・・」
オスカー「じゃん! 『ロボママ』だ」
ピーターソン「やっぱり作っちゃったんだ」
オスカー「試運転実験するぞ」


ロボママ「ただいま、そして、はじめまして。多機能型万能ロボットママです」
ピーターソン「ちゃんと喋るんだね」
オスカー「ダメだ、ダメだ」
ピーターソン「なに」
オスカー「そこは、『ママー、待ってたよー』、だろ。やりなおせ」

ロボママ「ただいま、そして、はじめまして。多機能型万能ロボットママです」
ピーターソン「わーい、ロボママだ!

ピーターソン「これでいいの?」
オスカー「ま、悪くない。続けろ」

ロボママ「料理・洗濯・掃除に窃盗、何でもこなします」
ピーターソン「余計なものが混じっていなかった?」
オスカー「子供は余計なことに首を突っ込んではならない」
ピーターソン「分かったよ」

 「特技は『玄関開けたら3分でごはん』」
 「カップラーメンみたいだね」
 「いつでもお湯は沸かしたて。もうやかんをひっくり返す心配はいらないわ」
 「おなかにレトルト食品が詰まってるよ」
 「ママになって最初の仕事は、お家の建て替えね」
 「家の掃除や洗濯が先だと思うけど?」
 「そうなの? じゃあ、近所のこまっしゃくれたガキとうるさい老人を一掃してくるわ」
 「近所づきあいをうまくやるのも大事なことだよ、ママ」
 「そう・・・、じゃあ」
 「そのスコップで何するの」
 「井戸を掘るの」
 「必要ないから」
 「次はゴミの分別ね」
 「そうそう、その調子だよ」
 「まだ使えそうな人間、使えない人間、終わっている人間に分けなくちゃ」
 「間違ってるよ」
 「萌えるゴミと萌えないゴミだったかしら?」
 「小学生なんだから、考えて発言してね、ママ」
 「そうだったわ。他愛のないことに一喜一憂する小学生ね」

ピーターソン「あ、宇宙虫!」

―――――――――――――――――――――――――――――――――
飛来式盗聴器が潰れました。
別の虫を放つまで、しばしお待ち下さい。
  (続く)


nice!(18)  コメント(15) 
共通テーマ:blog

Air Reading Special 本を読まずに、夏休みの読書感想文 [夏休みの研究室]

9月1日が金曜日なのをいいことに、土日に夏休みの宿題を済ませたつわもの小学生もきっといるに違いありません。
夏休みの宿題の中で、時間がかかってしょうがないもののひとつ

 読書感想文

これが好きな小学生っているのでしょうか?
少なくとも、私はイヤでした。
私の友達もイヤでした。
ちびみかげもイヤだと言います。
ちびみかげに聞いたら、読書感想文を提出したのは36人中2人だったとか。
 *ちびみかげの学校では読書感想文はいくつかある課題のうちから選択制

36人いるうちの2人

「夏休みなんだから、本くらい読もうね」と言われたに違いないのです、

お母さんに。



毎年、課題図書なんてものがありまして、
今年の夏はこの本を読めと何処かの誰かが決めて、全国の小学生がいっせいにそれを読むわけです。
夏休み前になると、本屋にできる課題図書コーナー
いっそ配給にすればいいのに。
儲けているのは何処の誰?!
2・3年前の課題図書なんて、すっかり姿を消しています。棚にすらない始末。
一体何のための課題図書なのか。

子供はそんなウラの事情なんて知りませんから、
真面目に本を読み始めます。
真面目な子ほど最初の1ページ目からちゃんと読む。
そして全部読み終わってから、おもむろに原稿用紙を取り出し、「読書感想文」を書き始めます。

真面目な子ほど嫌いになる要素たっぷり!

ちょっとズルしてやろうと思う子は、
最初の2・3ページを読んだら、パラパラとページをめくります。
「ああ、メンドウだなぁ」となって、
大方あとがきを一番熱心に読みます。

えっとね。
そんなことをするくらいなら、

本を読まずに読書感想文を書いてみない?

中身も、「あとがき」も、一ページも読まなくたって、書けちゃうわよ



今年の課題図書・小学校高学年の部から

「うそつき大ちゃん」
 阿部 夏丸著 村上 豊装画・挿絵 ポプラ社 定価 1,365円

表紙は釣竿を持っている子供たちの絵。
あらすじにも魚釣りをすると書いてあります。
大ちゃんはきっと尾ヒレを探しているのでしょう。
うそつき大ちゃん

と。

ふざけすぎですか、そうですか。


「ライト兄弟はなぜ飛べたのか:紙飛行機で知る成功のひみつ」
 土佐 幸子 著 さ・え・ら・書房 定価 1,470円

ライト兄弟はなぜ飛べたのか? なぜって飛ぶ乗り物を作ったからです。
紙飛行機のヒミツ、どうすればよく飛ぶのか、これは自由研究そのものです。
読書感想文と自由研究の両方がいっぺんに済んでしまう、とても便利な本です。
この本、紙飛行機を使って、空を飛ぶ仕組みを説明しているそうです。

 ぼくなりに、飛行機と紙飛行機の違いを考えてみました。
 紙飛行機にはハンドルはありません。
 紙飛行機に燃料はいりません。
 飛行機が落ちる確率は雷が落ちる確立より低いと言われるけれど、紙飛行機が落ちる確立は夏にゴキブリが出現する確立と同じくらいだと思います。

 ライト兄弟のおかげで飛行機ができました。ありがとう。
 どうせ空を飛ぶのなら、


   ポケモンジェットに乗って空を飛んでみたいです」


子供らしくていいと思うのですが、どうでしょうか。


写真はこれ一機だけですが、もう一機のポケモンジェットのほうが派手でした。びっくりです。


あと一便遅かったら、チンドン屋ポケジェットに乗れたのになぁ


nice!(23)  コメント(24) 
共通テーマ:学校

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。