So-net無料ブログ作成
検索選択

Have Yourself a Winter Holiday & HAPPY BIRTHDAY to ME [社員のつぶやき]

☆ 今週のサンタ情報 ☆   ~ プレゼントを運び終わりました ~      皆様、よいお年を!     今年も無事仕事が終わった~らんらんらん またね~♪




 ~ 宇宙アクメ社冬季休暇のお知らせ ~

 今年一年、宇宙アクメ社にお付き合いいただき、また格別のお引き立てありがとうございます。
 12月27日~1月3日まで、冬季休業とさせていただきます。
 この期間中は弊社システムが全てシャットダウン致しますので、宇宙交信は不可となります。それに伴い、アクメ社製品の使用が一部できなくなります。以下をお使いの方はご注意願います。
 ・『ニンゲン変身スーツ(地球用)』は機能停止。アナタの正体がバレる可能性があります。
 ・スペースシップ『サイオーガ馬』のバランスが取れません。
 ・タマネギに火が通りませんので、生のタマネギが苦手な方はご注意願います。

 2008年も引き続きみなさまのご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
 

 HAPPY NEW YEAR !!



トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

メリークリスマス! Christmas Time Is Here [社員のつぶやき]

                   メリークリスマス   ほいな はいな それ!



     

 「やっとプレゼントの袋詰めが終わりました」

 「ハーハーハー」
         
 「今の時代、高価なプレゼントが多くなりましたね」

 「ヒーヒーヒー」

 「一服しましょう。熱い紅茶でもどうぞ」

 「フーフーフー」
   
 「トナカイたちが張り切って待っています」

 「ヘーヘーヘー」
 
 「サンタさん、メリークリスマス!」

 「ホーホーホー!

   

 ☆ MERRY CHRISTMAS & HAPPY NEW YEAR !!☆

  ステキなクリスマスになりますように!


          





nice!(25)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

SATAN CLAUS Is Coming To TOWN HOTEL [オスカーとピーターソン]

 ☆ 今週のサンタ情報 ☆   ~プレゼントを運ぶ練習をしています ~              おっとっとっと






― 愛するポーギー民宿にて ―

となかい 「都会の隠れ家ポーギー旅館にようこそお越しくださいました」

クラウス 「お世話になります」

となかい 「お客様の相手をいたしますのは都会の仲居、略してとなかいでございます」

クラウス 「この時期は忙しいんじゃないですか?」

となかい 「おかげさまでひっぱりだこでございます。タコじゃないのにひっぱりだこ、ふふ」

クラウス 「くだらない冗談はよしてください」

となかい 「時間がないのでさっさとお部屋にご案内いたします」

クラウス 「失礼な仲居だなぁ」

となかい 「こちらの椿の魔でございます」

クラウス 「物騒な部屋ですね」

となかい 「お気に召しませんか?」

クラウス 「魔物が出てきそうじゃないですか」

となかい 「戦う気がないんですか」

クラウス 「そんな問題じゃないですよ」

となかい 「お客様も文句が多い。クレーマーとして帳簿につけておきます」

クラウス 「あなたの態度のほうが問題だ」

となかい 「仕方ありません。それでは裁きの間にいたしましょう」

クラウス 「何ですか、裁きの間って。いやですよ、そんな部屋」

となかい 「懺悔なさるなら今のうちでございます」

クラウス 「普通の部屋はないんですか」

となかい 「畳とテーブル布団と鹿せんべいしかございませんよ」

クラウス 「構いません」

となかい 「座るとスパイになる椅子も地下洞窟へ続く隠し扉もありませんが」

クラウス 「畳とテーブルと布団があれば充分です」

となかい 「お言葉ですがタンスを開けても世界樹の葉も踊り子の服も入っておりません。ちぇっ」

クラウス 「必要ありませんから」

となかい 「それでは何の変哲もない普通の部屋をご用意いたします」

クラウス 「そうしてください」

となかい 「お客様、決してお隣の部屋をお開けになりませんように」

クラウス 「開かずの間なんですね」

となかい 「いえ、いけずの間となっております。あ、お客様にぴったり…!」

クラウス 「さっきから不愉快な仲居だなあ」

となかい 「申し訳ございません。角の立つ言い方しかできないのでございます」

クラウス 「頭から立派な角が生えてますもんね」

となかい 「忘れておりました。今だけ限定クリスマスの間もございますがいかがでしょうか」

クラウス 「まさか馬小屋じゃないでしょうね」

となかい 「いえクリスマスツリーが飾ってあるのです」

クラウス 「いいですね、そこにします」

となかい 「かしこまりました。こちらの部屋になります」

クラウス 「畳にクリスマスツリーってのもオツですね」

となかい 「お料理は七面鳥の活き作りでございます」

クラウス 「ちゃんとローストしたのをお願いします」

となかい 「お休みの際は鍵をかけないようにしてくださいね」

クラウス 「物騒じゃないですか」

となかい 「サタンが参りますので」

クラウス 「サンタですよね」

となかい 「はて枕元にサタンが立ってプレゼントを置いてゆくのではありませんでしたか?」

クラウス 「プレゼントをくれるのはサンタですよ」

となかい 「そうですか。ちなみにプレゼントの中身は料金によって変わりますので」

クラウス 「え、無料サービスじゃないんですか」

となかい 「地獄のサンタも金次第でございます」

クラウス 「それじゃ本当にサタンじゃないですか」


nice!(19)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

サンタにお願い [社員のつぶやき]

 ☆ 今週のサンタ情報 ☆   ~ソリの猛特訓をしています ~                                            やればできるじゃないか









「ボス、辞表を提出します」

「仕事をやめるというのか」

「こんな寒くてつらい仕事、いつまでも続けていられません」

「そんなこと言わずに、考え直してみたらどうかね」

「もうイヤです。熊本に行きたい」

「実家は熊本だっけ?」

「うんにゃ。でも熊本なら寒さとは無縁じゃん?」

「熊本でも冬は寒いと思うがの」

「えー、火の国なのに?」

「本当に燃えているわけじゃないんだよ」

「じゃあ大阪でいいや」

「大阪になにかあるの?」

「太陽の塔に住むんです」

「そこには住めないよ。居住用じゃないからね」

「そんなあ。じゃあマリオサンシャインタウンでもいいや」

「微妙なネタをはさむね、キミ」

「とにかくこの仕事をやめさせてください」

「キミの仕事は特殊なんじゃよ。キミの代わりは他にいない」

「そうやって何年もこき使われているボクの身になってくださいよ」

「困ったなあ・・・。鹿せんべいあげるから機嫌直して」

「むしゃむしゃ。もっと下さい」

「それじゃあ働いてくれるんだね?」

「いやです。むしゃむしゃ」

「働きもせず鹿せんべいだけ食うのか、キミは」

「鹿せんべいで重労働をさせようっていうの?」

「こうなりゃワシも鹿せんべい食べちゃうもんね。むしゃむしゃむしゃ」

「ボスは太りすぎですから、食べちゃダメですよー」

「キミの履歴書見たよ。身長170cm 体重200kg。凄いね、キミ」

「ボクは太っていませんよ。ボスこそそのおなかをどうにかしないと」

「ワシ等に必要なのは運動だ。一緒に長距離走しようじゃないか」

「寒いからやだ」

「そうだね、寒いときは家の中でじっとしているのが一番だね」

「今年は早めに冬期休暇にしましょうよ」

「お、いいね。そうしようか」

「わーい、今年のクリスマスは家族とご馳走食べるんだいっ!」

「クリスマスはいつも仕事じゃが、ワシも今年は家族と一緒に過ごすとするか」

「クリスマス前に仕事片付けましょう、ボス」

「うーん・・・ムリ!」

「そんなあ」

「サンタにお願いしてみたらどうかね?」

「だからこうして直談判してるじゃないですか」



nice!(20)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

オスカーとピーターソン 愛するポーギー犬 [オスカーとピーターソン]

☆ 今週のサンタ情報 ☆ ~ トナカイが逃げました ~                           待ってくれ~







― 愛するポーギー犬 ―

オスカー  「犬とお喋りできたらいいと思わないか?」

ピーターソン「そうだね。何を考えているのか分ったら面白いかもしれないね」

オスカー  「じゃん!これが念願の『 人の言葉を喋る犬 』だ」

ピーターソン「胡散臭いなあ」

オスカー  「そうやって人をすぐに疑うところがあなたの悪い癖です」

ピーターソン「キミがいつも騙してばかりだからだよ」

オスカー  「私がいつあなたを騙したと? あなたのために研究開発に明け暮れ、こんなにも忠誠を尽くしているというのに。私はあなたのことを思わない日はない」

ピーターソン「そうなの? まあともかく犬を見せてよ」

オスカー  「まずはボタンを押しなさい」

ピーターソン「なんだ機械の犬か。・・ボタンがどこにあるのか分からないよ」

オスカー  「おなかの下のほうにあるでっぱりがボタンだ」

ピーターソン「微妙な位置だなあ。もう少し別の場所につけようよ」

オスカー  「鼻の穴の中とか?」

ピーターソン「指を鼻の穴に突っ込むのはイヤだよ」

オスカー  「リアリティを出すために、ボタンは見えない位置につけなければならない」

ピーターソン「耳の裏側とか毛の中に隠せばいいと思うけど」

オスカー  「ごちゃごちゃ言う男は嫌いです」

ピーターソン「はいはい。ボタンを押しましたよ」


----------------------------------------

犬     「ねーねー、少し歩かない?」

ピーターソン「わ、本当に喋った」

犬     「私の名前はビーグル式癒しパワーアナタの安心毛布ライナス仕様犬」

ピーターソン「それは名前じゃないと思うけど」

犬     「略してビーナス」

ピーターソン「オスだよね?」

犬     「見かけで判断するのは危険な行為よ」

ピーターソン「ああごめん。犬にしては哲学的なんだね」

犬     「アナタって女性の褒め方を知らないのね。それじゃ恋は長続きしないでしょ」

ピーターソン「余計なお世話だよ」

犬     「こうしてふたりきりで歩いていると、なんだか恋人同士みたいね、ふふ」

ピーターソン「散歩してるだけだよ。キミが犬だから」

犬     「ワタシ、冬が好きなの」

ピーターソン「やっぱり犬なんだね」

犬     「ああ…都会の洒落た服を脱ぎ捨て、生まれたままの姿で野山を駆け回りたい!」

ピーターソン「言い回しが微妙だけど、納得はしたよ」

犬     「増毛の冬ね」

ピーターソン「贈答の冬の間違いじゃないか」

犬     「贈答といえばクリスマス」

ピーターソン「プレゼントを楽しみにしてる人がいっぱいいる」

犬     「クリスマスは一年の中でも最も重大危機に瀕している時よ」

ピーターソン「恋人や家族の愛情が溢れる時期じゃないか」

犬     「個人経済大変動による家計破綻。アナタの財布は大丈夫ですか?」

ピーターソン「プレゼントはサンタが配るんだ」

犬     「アナタ、ばか?」

ピーターソン「犬に言われたくないよ」

犬     「連想ゲームでもする?アナタが2つの言葉を言って、ワタシが答えるの」

ピーターソン「わかったよ。じゃあ、山・海」

犬     「酸欠」

ピーターソン「この場合 自然って答えるのが自然じゃないか」

犬     「くだらない冗談言ってないで、次をどうぞだわん」

ピーターソン「川、人生」

犬     「転落」

ピーターソン「美女、愛」

犬     「復讐」

ピーターソン「随分問題のある犬だな」

犬     「じゃあ交代。ワタシが2つ言うから、アナタが答える」

ピーターソン「オーケー」

犬     「素粒子衝突LHC実験・首都圏対凶悪犯罪特殊武装機動特捜班」

ピーターソン「なんだって?」

犬     「連想なんだから、ぱっと答えろわん」

ピーターソン「急に口が悪くなったよ」

犬     「音感センサー連動式ファンコンと平面往復式機械駐車場料金精算システム」

ピーターソン「もう少しやさしい言葉でお願いします」

犬     「しょうがないわん。じゃあ、ラカンツヤムネハネカクシ と ヴェクサシオン」

ピーターソン「それはなに」

犬     「ラカンツヤムネハネカクシは昆虫、ヴェクサシオンは曲名。意味は癪の種、ギネスにも乗った有名な曲だわん。これくらい常識として知っておきなさい。アナタ、ニンゲンとしてのプライドはないの?」

ピーターソン「こまっしゃくれた犬だなあ」

犬     「アナタは犬以下」

ピーターソン「なんだか腹が立ってきた」

犬     「こんなバカなニンゲンは相手にしてられないわん」

ピーターソン「そこはかとなく怒りが湧いてきたよ」

犬     「ワタシの占いによると、アナタはそのうち神経破綻をきたし破天荒な生き方をするでしょう」

ピーターソン「ボタンを止めてやる!」

犬     「アナタ、私の大事なところを触ろうとしているのね?」

ピーターソン「こら逃げるな」

犬     「きゃんきゃん」

ピーターソン「捕まえたぞ」

犬     「まさか、嫌がるわたしのおなかからお尻に向かう途中にあるでっぱりを押そうっていうの?」

ピーターソン「誤解されるような言い方してもダメだ」

犬     「やーん、えっちー」

----------------------------------------

オスカー  「どうだ?」

ピーターソン「クリスマス商品にするにはどうかと思うよ」

オスカー  「やっぱりボタンの位置が問題か」

ピーターソン「それ以前に、ヒトの言葉を喋ったらそもそも犬じゃないってことに気づいたよ」





クリスマスプレゼントにこんな犬はいりませんか?








nice!(19)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

RUBY of WORDLAND [社員のつぶやき]

 ☆ 今週のサンタ情報 ☆   ~ソリの練習中です ~            遅いんだよなあ






茨城は いばら()じゃないよ いばら()県」

都道府県五七五を考えていました。
10県くらい考えたあたりで早くも挫折しかかっています。
まあ気長にいきます。そのうち記事になるかもしれません。来年当たり。





今回は簡単だけど特殊な読みの言葉を書いてみたいと思います。
読めますか?

  ① 象る
  ② 泥む
  ③ 雪ぐ
  ④ 清しい
  ⑤ 論う
  ⑥ 吐かす
  ⑦ 寝む
  ⑧ 枕む
  ⑨ 饗す
  ⑩ 愛ずらしい

読めましたでしょうか? 



 ①かたどる ②なずむ ③すすぐ ④すずしい ⑤あげつらう ⑥ぬかす ⑦やすむ ⑧のぞむ⑨もてなす ⑩めずらしい です。


意外と読めないでしょ? 半分も読めれば上等かなと思います。
いくつか説明を加えると、

 ②泥む(なずむ) ♪暮れ~なず~む町の~~ひか~りと~影の~なか~♪「贈る言葉」の冒頭ですが、この暮れなずむのなずむがこの漢字です。

 ③雪ぐ(すすぐ) そそぐとも言います。水で洗い流す意です。例:汚名を雪ぐ、恥辱を雪ぐ等

 ④清しい(すずしい) すがしいと答えた人も多いと思います。恐らく♪真綿色したシクラメンほどすがしいものはない~♪を思い出されたのではないでしょうか。「すがしい」というのは「清々しい」のことだと思われますが、清しいと書いてすずしいとも読みます。

 ⑩愛ずらしい(めずらしい) 要するにあいらしいという意味です





ところでみなさん、ルビのふりかたをご存知でしょうか?
タグ打ちに慣れている人は「なんだルビのタグくらい常識じゃないか」という方もいらっしゃるかもしれません。
ソネブロには記事を書く際「表示を見ながら入力」と「シンプルな入力」がありますが、私のようにシンプル入力でタグ打ちながら記事を書いている人でもルビのタグなんて知らないという人も、絶対必ず間違いなく、いるものと思われます。

 「茨城は いばら()じゃないよ いばら()県」

この「ぎ」と「き」の上にある(てん)はルビを利用したものです。
ルビのふり方を知っておくと、こんなこと↓ ができます。

 (かたど)る、 (なず)む、 (すす)ぐ、 (すず)しい、 (あげつら)う、 ()かす、(やす)む、 (のぞ)む、 (もてな)す、 (めず)らしい


ルビってこうなるのかー!

あ。すみません。
初めて使いました、私。
実を言うと、このルビを試してみたかったがために、少々難解な読み方の問題を出したのです。
だって、

「私は目も(くら)むような美しさです」 という表現を使いたいと思った場合、
くらむとルビをふっておかないと、すさむしむかなしむなどと誤解されてしまうじゃないですか!

また、
「私は息を呑むほどの(まばゆ)さです」 と書きたいときにもルビは必要です。
じゃないと、みじめさ かなしさ すごさ みにくさ などと変換され、
「ああ、あいつは目を覆いたくなるようなやつなんだな」などととんでもない誤解を招いてしまうかもしれません。
そんな誤解を避けるためにも、ルビのふり方は知っておいたほうがいいと思います。是非。



『 ルビのふり方 』

「目も眩むような美人」の眩むの部分にルビをふってみましょう

目も<RUBY><RP>(</RP><RT>くら</RT>><RP>)</RP></RUBY>むような美人

※<>の部分を半角に変えればOKです。
 これで誰が見ても目が眩むほどの美人だと分ってもらえます。安心ですね。











nice!(21)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。