So-net無料ブログ作成
検索選択

ミニチュアで白川郷 いちのめひさしの世界遺産 What A Wonderful ZIRAKAWA World [ちびみかげの写真部屋]

     s19.JPG


エアコンの扉を片手で開けようとすると、いつも片方が引っかかってうまく開きません。
フィルターの掃除をしろという赤いランプを無視したまま3ヶ月が過ぎました。
え、掃除は2週間に一回? そんな面倒な。

殆どエアコンを使わずに済んだ今年の夏。
それでも掃除はしろ、と赤ランプは主張します。



ぼくは 一ノ目久(いちのめひさし)
漢字一文字で

 


雨虫 圭(あまむしけい) なら です。
株を無視 すれば かぶとむし

はいはい。
やめますって。



2回にわたったご当地クイズですが、正解は 白川郷 でした。
もー、みんな当てちゃうんだから。

だば、ミニチュア風白川郷の写真をお楽しみ下さいませ。



si8.JPGsi13.JPG

si9.JPG si12.JPG

si11.jpg si10.JPG

si3.JPG si5.JPG

si7.JPG si4.JPG

si1.JPG si2.JPG

si17.JPGsi15.JPG



     si16.JPGベートーベンの田園が流れる喫茶店から見えた風景



合掌造りの民宿で女将さんが蛍が見えるところまで案内してくれました。
8月でもまだ蛍が見られるんですね。
帰ってくると靴がすごいことになってました。

なんせ蛍がいたのってこんな場所なんです。
  azemiti.JPG

そりゃ靴も汚れるでしょう。しかも昼間ゲリラ豪雨だったし・・・

民宿には夜10時に消灯してくださいと書いてありまして、夜間7~9時に外出しようとすると懐中電灯貸してくれます。
表通りは懐中電灯がなくても大丈夫ですが、一歩入れば足元に気をつけたほうがいいと思います。

食事は囲炉裏のある部屋でした。
壁の張り紙

   garasumado.JPG

えっと。
「ガラス窓に入っています」 って何ですか?
コーヒーがガラス窓の中に入っているの?
どうやって入れるの、ガラス窓に?


ガラス窓ってどこ~っ?

       ↓

       ↓

       ↓

SANY2005.JPG
張り紙の反対側の壁にあった戸棚を開けたところ

分かるか~っ!



戸棚の中って書くか、せめて棚の近くに張り紙してくれればいいのに。
 張り紙を良く見ると、コーラが コーラー になっています



そんな楽しい白川郷。
合掌造りの集落はなんだか日本昔話の世界に入り込んだようです。



     s9.JPG展望台からの眺め






サイドバーにだ~い好きなレトロインクさんの ひとくちガリレオ 設置♪
SEND」 に好きな言葉を入れてみてね





タグ:白川郷

ご当地当てクイズ(その2) ここでは夜10時に消灯です  [ちびみかげの写真部屋]

SANY2042.JPG

 
観光名所となっている場所ですが、所謂「写真スポット」を外してあります。
さて、ここは何処でしょうか?



前回がレベル5とすると、今回はレベル4の写真。
もう少し分かりやすい写真を載せてみます。

ほら、あそこだよ


ご当地当てクイズ 村は生きている Amazing PLACE [ちびみかげの写真部屋]

        sirakawagou2.jpg



観光名所のひとつです。
写真を見て、ここがどこか当ててください。


ここはど~こだ?


夏休みの自由研究「油のラブラブ実験(その3)」 [夏休みの研究室]

『油料理に合う飲み物を探せ! 飲み物は油をどれくらい溶かすのか?』

その1
その2

今回が最後です。



油にさまざまな飲み物を加え、油がどれくらい溶けるのかを実験したところ、

 油と飲み物は混ざらない

という結果になりました。



じゃあなんで「油を溶かす」なんて言われてたりするのか。
実験を見る限り、飲み物に直接油を溶かす力があるとは思えません。


SANY1936.JPG



少し話がそれますが、排水溝に溜まった油を溶かすのに使われている市販の油分解剤は、簡単に説明すると油脂と炭素に微生物を加え発酵させたものです。
要するにバクテリアの力で油を分解するってことですね。
油分解微生物、なかでもシュードモナスなんちゃらかんちゃら菌ってのが油脂分解能力に優れてて排水処理に使われてるそうです。

そういう菌の力を借りないと油分解は難しいってことです。

油は固めて生ゴミ」だとか「油を排水溝に流すな」とさんざん言われていますが、
簡単で安全に油分解できるなら、こんなことは恐らく言われなかったのではないでしょうか?

そう考えると、飲み物で油を分解しようなんてちゃんちゃらおかしいのかもしれません。


残る希望は、体内作用。
体内に入った後の分解能力です。

体内に入った油は腸のリパーゼの働きで脂肪酸とグリセリンに分解されます。
じゃあ、単純にリパーゼを活性化させればいいんじゃないかって話になります。
実際にリパーゼを含むサプリなんていうダイエット食品が出てたりするわけです。
その一方で、リパーゼで分解すると小腸で吸収しやすくなるんだから、そもそも分解吸収させないようにしたほうがいいっていう話もあります。
当然、リパーゼ阻害サプリなんていうのも売っているわけです。


うーん、こりゃどっちがいいのってことになる。



ちらと調べてみました。

 【リパーゼの働きを阻害する飲み物】
  緑茶 ジャスミン茶、ウーロン茶紅茶 

 【リパーゼを活性化させる飲み物】
  プアール茶 コーヒー 


そういうことですか。

プアール茶は 油を分解するのではなく、油を分解するリパーゼの働きを活性化させる ってことですね。

反対に、ウーロン茶・ジャスミン茶・紅茶・緑茶はリパーゼの働きを阻害して吸収させないようにする と。



ってことは、結論はひとつです。
いいですか。




それは、





 食事にはウーロン茶、ジャスミン茶、紅茶、緑茶

 単独ならプアール茶かコーヒー


これなら、「食事中の油は吸収しにくく、かつ溜まった油を分解しやすくなる」んじゃないでしょうか?




これからはケーキを食べるときは紅茶、普段はコーヒーにすればいいんだわ~っ!






が。
ここで喜ぶのは早いのです。
吸収阻害たってどれくらいの効果があるのは正直分かりません。
そもそも食べ物にもリパーゼを活性化させるものや阻害するものがあるので、食べ合わせによって効果が出ないことも考えられるわけで。うー。
そして、リパーゼの働きで油分解が促されたとしても、エネルギーに代えなきゃ体内の脂肪は減らないという事実。運動しろってことですね。




となると、

つまるところ


 「余計な油を摂るな」


という単純明快な答えしか出てきません。



でなければ、


 食事にはウーロン茶、ジャスミン茶、紅茶、緑茶

 運動する前にプアール茶かコーヒー


こういうことでどう?











『油料理にあう飲み物を探せ! 飲み物は油をどれくらい溶かすのか?(その2)』 夏休みの自由研究シリーズ [夏休みの研究室]

スーパーやデパート夏休みの工作自由研究キットがずら~っと並べられている夏。
みなさま、夏を謳歌していますか?

夏休みの自由研究を親の力を一切借りずにひとりでやる子どもってどれくらいいるのでしょうか?

 「夏休みの自由研究は大丈夫?」
 「うん」

多分大丈夫じゃありません。
覚悟しておいたほうがいいと思います。



さて、毎年恒例となった

 「夏休みの工作&自由研究シリーズ」

宇宙アクメ社では「わざわざ買わない」をモットーとしています。



今年のテーマはこれ

 『油のラブラブ実験 油を溶かす飲み物を探せ!』


続きですよ~。前回はこちら→ その1



前回の実験では、期待していたジャスミン茶とプアール茶が油を溶かさないという結果に・・・!

こうなったら他の飲み物でも調べるわよっ。

 用意した飲み物
 ダージリン、アールグレイ、コーヒー、紅茶、オレンジジュース、リンゴジュース、牛乳、ココア、コーン茶、コーラ、桑の葉茶、コーン茶、ハイビスカスティー

家中の飲み物をかき集めてっと。
の量はそれぞれ小さじ1杯(4グラムだって覚えてる?)
熱いものは熱く、冷たいものは冷たい状態で、注ぎ入れます。(実際に飲むのに適した温度ってことね)
え、ウーロン茶? 切らしててないので諦めてくださいな。(何度も言いますが「わざわざ買わない」がモットーです)

それじゃあ一気にいきましょうか。


エントリーナンバー5番 料理
お料理に油と料理酒はつきものでしょ

料理酒.JPG
ぶくぶくぶく、と。
注いだ際の空気が気泡になってるのかと思いましたが、しばらくたった後もほんの少し小さな泡が残っていました。
SANY1966.JPG
ご覧のように、油は溶けません。



エントリーナンバー6番 コーヒー
ホットコーヒー.JPG
油が泡になって浮いてきます。
洗剤を入れてかき混ぜた状態に似てなくもありません。
SANY1940.JPG
・・・ダメだ。溶けないっ!


言うまでもありませんが、油が浮くのは比重が軽いからです。
浮いた油を見れば、いかに溶けていないかが一目瞭然。



そういえばコーヒーには油分が含まれているんでしたっけ。
油を溶かすのは油、もしかすると油分が足りない?
ならば、ココアでどうだ!

エントリーナンバー7番 ココア(砂糖なし)
kokoa.JPG
うわ~、浮いてきたっ!
完全に油ぎった上にぶくぶくもいっぱい。
SANY1941.JPG
うー。


じゃあ、牛乳ならどうだっ!
エントリーナンバー8番 牛乳
milk.JPG
いきなりひどい状態になっています。
牛乳に含まれる油が滲み出しているのか、それともたんぱく質と反応しているのか。よく分かりませんが、横から見ればこの状態。
SANY1980.JPG
溶けないんですか。溶けないんですね。



オレンジジュースでもやってみます。
エントリーナンバー9番 オレンジジュース
オレンジジュース.JPG
泡吹いてるわ~っ!
なんでしょうか。
せっかくなので、あっためてみましょうか
ホットオレンジ.JPG
油が下からどんどん上がってきてこの通り。


オレンジジュースとリンゴジュース
SANY1967.JPG
はい。どっちも溶けません。


え、ジュースじゃ溶けないと予想してましたか?
でもこんなぶくぶく状になるなんて思っていなかったでしょう?



紅茶でも試してみましょう。ホットで。

ダージリン
SANY1960.JPG

アールグレイ
アールグレイ.JPG
蒸らし時間が短かったのはご愛嬌

ダージリンとアールグレイを並べてみます
SANY1968.JPG
・・・溶けませんか、やっぱり。



ここまでくると、「油を溶かす飲み物なんてないんじゃないの?!」という気分になってきます。


ハイビスカスティー
ホットハイビスカス.JPGSANY1948.JPG



コーン茶
ホットコーン茶.JPGSANY1979.JPG



桑の葉茶
庭に自生している桑の葉っぱを乾燥させて熱湯を注いだものです。
ホット桑.JPGSANY1969.JPG
桑の葉がダイエットにうってつけって本当ですか?
これを見る限り、少なくとも油を分解する力があるなんて思えません。




コーラ
たとえ油分解できたとしても糖分で太るかもしれません。
(ノーカロリーのコカ・コーラなら100mlで2.8キロカロリー)
コーラ.JPG
・・・で、これは炭酸の泡? 油の泡?

ついでにあっためてみた
ホットコーヒー.JPG

気が抜けた後もどうぞ。
SANY1962.JPG




これで実験終了です。

SANY1936.JPG

回りくどいのはやめて、さっさと結果を書きましょうか。



 【実験から言えること】

 「飲み物で油を分解しようなんて無理」

 「油を溶かすといえるほどの飲み物はない」




もう一度、書きます。




油を溶かすほどの飲み物はない!






あうー
泣きたくなる様な結果です。

たった小さじ1杯の油すら溶けないなんて・・・!

油を溶かすとか言ってるアレはなんなのよっ?!


がーん・・・!!


なんていうか、前評判の高さに期待してSF映画を見てみたら、新生物発見も恋の鞘当もなかったって感じ。
(見るんじゃなかった・・・がっかり)
そんな気分。



これじゃあ実も蓋もないので、浮き上がっている泡のようなものに注目してみます。
この泡のようなものですが、

熱い飲み物なら全部出てきます。

これって水よりお湯で洗ったほうが油を流しやすいってのと一緒なんじゃないの?
ということは、油を流しやすくしたいなら冷たいものより熱いもの を飲んだほうがいいのかもしれません。
早い話、熱けりゃお湯でもなんでもいい ってことじゃないのか。



問題は冷めた場合。
条件を同じにするため、全ての飲み物に熱を加えてしばらく放置した泡の様子

大きな泡が残っているもの
牛乳>コーヒー>ダージリンティー>アールグレイ>オレンジジュース

 koffee.JPG


小さい泡が残っているもの
リンゴジュース>ハイビスカスティー>コーン茶

 SANY1947.JPG


真ん中に大きな丸ができているもの
コーラ>プアール(薄)>プアール(濃)

 SANY1962.JPG


ほぼ泡がないもの
水、料理酒、ココア、煎茶、ジャスミン茶、桑の葉茶


単なる推論ですが、熱でバラバラになった油が冷めてまたくっついたのではないでしょうか。
つまり、油は溶けないけれど、熱い飲み物を加えれば一旦バラバラな塊になり、また元に戻ろうとするのではないかと。
油のラブラブ実験としてまとめるなら

熱に浮かれると油の心は乱れやすく、つきあいが長くなるとクールな男に戻ろうとする

ってことです。



【実験結果】

 「恋は熱が冷めないうちに」


油は確固とした自分をもっている為、あなたと混じりあったりはしません。
油を自分の色に染めることは諦めてください。

油と仲良くなるには、あなたの熱が一番!
あっつあつなら、どんな飲み物でもOK! 

冷えてしまったら基本的に仲良くさせるのは無理です。
油は浮いた存在になります。




【結論】


 油料理にはなんでもいいからできるだけ熱くして飲め!



カロリーを考えると、熱いお湯をがんがん飲むのが一番ってことです。





油のラブラブ実験 油を溶かす飲み物を探せ!』
まだ終わりません。

役に立つかもしれない研究の結果は次回!







『油料理に合う飲み物を探せ! 飲み物は油をどれくらい溶かすのか?(その1)』 夏休みの自由研究シリーズ [夏休みの研究室]

世の欺瞞を暴け!
この世の森羅万象を笑い飛ばしてみせましょう。


お待たせいたしました。
今年の夏休みの自由研究


 『油料理に合う飲み物を探せ! 飲み物は油をどれくらい溶かすのか?』



「油と相性のよい飲み物はな~んだ? 油のラブラブ実験」 です。


世の中には、油を溶かすだの脂肪分解だの、まことしやかに言われているものがたくさんあります。

 「プアール茶は油を溶かすから中華料理にはいいんだよ」

あなたはそう言われるまま信じ込んでいませんか?
それが本当かどうか、実際に自分で実験してみたことはありますか?
プアール茶やジャスミン茶って本当に油分解してくれるのでしょうか



百聞は一見にしかず。
さあ、実験だ!


やり方は簡単
油と飲み物を合わせてかき混ぜる だけ

まずは材料を準備します。

 SANY1906.JPG

 ~ 材料 ~

 油(サラダ油)
 プラスチックカップ(100均で購入)
 計量スプーン
 飲み物(家にあるありあわせ)



 ~ 油のお見合い実験開始 ~

1. カップに小さじ1杯の油を入れます

SANY1907.JPG

ここでは料理に使うことが多いサラダ油を使ってみました。
ちなみに小さじ1杯は5cc、水なら5gですが油は小さじ1杯 4g 40kcalです。(覚えておくと便利)



2. 飲み物を注いでかき混ぜる

まずは水から
mizu.JPG

せっかくお膳立てをしたのに、どんなにかき混ぜてもお水ちゃんと油くんは混ざりません。
相性の悪さはピカイチです。

 お水ちゃん「生理的に合わないのよね」


しょうがありません。
それではお水ちゃんをお湯にして実験してみます。
湯.JPG

おお~っ。お湯になったらアワアワし始めました。
気泡発生です。




3 しばらく放置する

mizuyoko.JPG

そのまま様子を見ていたら、熱が冷めるとともに恋の泡が消え、お水ちゃんに戻ったお湯は油と完全に別れてしまいました。

 お水ちゃん「最悪よ!」


やっぱり水じゃダメか。
え? 水と油の相性の悪さは実験なんかしなくても初めから分かっていたじゃないか、と?
じゃあ食事の際によく飲む日本茶だったらどう?


エントリーナンバー2番、煎茶登場!

 煎茶ちゃん「一番煎じです♪」

sencha.JPG
ドロリ
油が浮いてきました。


熱めの煎茶でやってみました
ホット煎茶.JPG
油の粒のようなものができます。



そのまま冷ましてみます。
煎茶.JPG

2層になっているのが分かりますか?
上の透明な層が油です。
お湯と同じく、つぶつぶが消え完全に分離しました。

 煎茶ちゃん「気が合わなかったわ」



どうやら水も煎茶も油とは仲良くなれそうにありません。
熱があるうちは反応がありますが、冷めたらお互いそっぽを向いたままです。



しょうがない。
いきなりですが、優勝候補のジャスミンちゃんを引き合わせてみましょう!

エントリーナンバー3番 ジャスミンティー

適温で淹れたジャスミンティーを油に注入
ラブラブカップルを期待しましょうか。

jasmin.JPG

 ジャスミンちゃん「ちょっと!油が浮いちゃったわ!」

あれ?
ジャスミンちゃんの色香にそわそわしたのか、ひどく油が浮いています。
ちょっと攪拌してみましょうか。

ホットジャスミン.JPG

気泡はできるけれど、溶けません。
だってほら、

SANY1978.JPG

横から見ると、この通り。

これはどう見ても

見合い失敗です!

 ジャスミンちゃん「油の意気地なし!」






ええい、次
本命じゃ、こうなったら本命を出せ

エントリーナンバー4番 プアールティー

なんと姉妹で登場です。

 プアール姉妹「アナタをトリコにしてみせます♪」

おおーっ、みんなの期待が高まります。
待望のミスコン評判ナンバーワン!

 ホットアール.JPG
粒だか泡だかがたくさん出てきました。


濃い目に淹れたプアール茶
プーアール(濃).JPG
油だか気泡だかが浮かび上がってくるのがよく分かります。

 プアール姉「スタイルが自慢です」


そんなことより、

ねえ、油溶けてる?


SANY1977.JPG

溶けていません

ぐあ~っ、こんなに油が浮いてるじゃないですかっ!
プアール茶もダメだったか!


期待したのに。
期待したのに・・・!


上から見た図(冷めた後)
SANY1946.JPG

 プアール姉妹「お肌にできたブツブツはできる限り消したわ」


冷めても中央に消えない泡が残っているのが分かりますか?


横から見れば、プアール茶と混ぜても油は分解されていないことがよく分かります。
ほれ
SANY1915.JPG






 「ぶ、分解されなくても、少しは溶けているんじゃないの?!」







・・・・・・溶けているように見えますか?

mizuyoko.JPG

煎茶煎茶.JPG

ジャスミンティーSANY1978.JPG

プアールティーSANY1977.JPG



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・うそーん




この結果に涙しつつ、やけくそ気味に家中の飲み物をかき集めて実験だっ!

ダージリン、アールグレイ、コーヒー、紅茶、オレンジジュース、リンゴジュース、牛乳、ココア、コーン茶、コーラ、桑の葉茶、コーン茶、ハイビスカスティー




続きは次回。来週あたり。












夏休みの自由研究室 You'd Be So Nice SUMMER-HOMEWORK [夏休みの研究室]

夏休み真っ盛り
この時期、当ブログの検索ワードナンバーワンは
ズバリ

  『夏休みの自由研究』

です。


夏休みお決まりの宿題のひとつ、「自由研究
これがイヤだなあ、面倒だなあ、って人は多分たくさんいます。
でも 「夏休みの自由研究」 そんなにいやですか?
何をやっていいか分からない?

夏休みの自由研究の最大のポイントはね、

 「自分がしたいことをする!」

ことです。

興味や関心のないことをやろうとするから苦痛なのです。
せっかくの休みなのに、興味ないことをやったってつまらないだけじゃないですか。


え?
なんでもいいから、とにかく 手軽でちゃっちゃとできて、しかも他の人がやらないことをさっさと見つけたい と?
こう思っているんでしょ。

 観察? 時間がかかるから無理
 実験? 面倒
 もうネットで見つけたものの書き写しでいいじゃん。流石にそれはヤバイ? なら適当にアレンジしちゃえ~

ってね。
要は ズルをして早く済ませたい ってことよね。
そのクセ「他人がやらなさそうなものならオリジナルっぽくて評価されそう」なんて虫のいいことを考えているんでしょう?
肯定ペンギン「うんうん」.GIF


はいはい。
夏休みの工作や自由研究をお探しなら、カテゴリー内の『夏休みの研究室』をご覧下さい。
一応言わせてくださいな。
当ブログ『夏休みの研究室』内の自由研究は、見ていただければ分かりますが、完全オリジナルです。
参考になるか、全くならないかは私の知ったこっちゃありません。

毎回言っておりますが、自由研究は 「自由」なのです。
うん。





さて
前置きが長くなりました。


今年もやりますよ~っ

 「夏休みの工作&自由研究シリーズ」


今年のテーマは、太らない夏

これね~、すっごくやりたかった(知りたかった)ことのひとつなの。
恥ずかしい話だけど、だいぶ太っちゃったのでダイエットせねば。
ブログを見てくださっている方は「そりゃあれだけ甘いもの好きなら太るだろ~っ」とツッコンでいるに違いありません。
だってスイーツへの恋は本物なんだもの。揺るがないわ。

「あなたは生涯甘いものを愛せますか?」

YES!!
甘いものを諦めたりはしません。



で、考えました。
太るのは砂糖よね。
ならばこれをいかに体内に残さないかが鍵なんじゃない?
あ、そういえば、油料理にプーアール茶がいいって言うけれどケーキ食べるときもプーアール茶にしようかな~。
いや、待てよ。

プーアール茶って本当に油を分解するの? どれくらい?


はい。
今年の夏休みの自由研究が決まりました。



 『油料理に合う飲み物を探せ! 飲み物は油をどれくらい溶かすのか?』



興味ありますか?
ありますね。

みなさんは実際に色んな飲み物と油と混ぜ合わせたことがあるでしょうか?
水と油が混ざらないことは知っていますが、じゃあ牛乳と油は混じるのでしょうか?
コーヒーはどう? ジャスミンティーだったら?

そんなときこそ実験だ!
これこそ自由研究にぴったり。ふふふ。


実験は簡単。
飲み物と油をかき混ぜるだけ。
はたしてどれくらいの油が分解されるでしょうか?


SANY1935.JPG

  次回に続く~♪






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。